×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スリノフェン

スリノフェン(あすか製薬、主成分ロキソプロフェンナトリウム)は、関節リウマチや、歯痛、手術後や、風邪、などで見られる、炎症による痛みを止めるために用いられる薬です。スリノフェンは、炎症や痛みの原因となるプロスタグランジンという物質を作り出すタンパク質、シクロオキシゲナーゼという酵素の働きを抑えることで、炎症を治め、痛みをとります。


スリノフェンの名前の由来
スリノフェンは、1.鎮痛作用2.抗炎症作用3.解熱作用の3つの作用を持つことから、これら3つの壁(ThreeのFence)で患者を各種疼痛・炎症性疾患からガードする、という意味をこめてスリノフェンと命名したそうです。

スポンサードリンク


スリノフェン(ロキソプロフェンナトリウム)の構造式
スリノフェン(ロキソプロフェンナトリウム)の構造式



お薬の名前の由来TOP「ス」ではじまる薬>スリノフェン

       




プライバシーポリシー