×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ソナコン

ソナコン(中外製薬、主成分 ジアゼパム)は、神経症やうつ病のときの不安感を取るために用いられる薬です。また、ソナコンには、筋肉がけいれんするのを抑える作用もあります。ソナコンは、脳の神経にあるベンゾジアゼピン受容体というタンパク質を活性化して、神経活動を抑制することで、不安をとったり、筋肉を弛緩したりします。

ソナコンの名前の由来
ソナコンのソナはSound(音)をあらわし、コンはControl(調節する)をあらわし、これらを組み合わせてソナコンと命名したそうです。なぜ、音を調節する、というアイデアが出たのかは謎です(笑)。

スポンサードリンク

ソナコン(ジアゼパム)の構造式
ソナコン(ジアゼパム)の構造式



お薬の名前の由来TOP「ソ」ではじまる薬>ソナコン

       




プライバシーポリシー