×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゾラデックス

ゾラデックス(キッセイ薬品、主成分酢酸ゴセレリン)は、子宮内膜症の治療薬です。子宮内膜症では、女性ホルモンであるエストラジオールを減らすことが必要です。ゾラデックスは、脳の中にある、エストロゲン分泌の命令を出す部位の働き(ゴナドトロピンの分泌)を強力に抑えることで、エストラジオールの量を減らします。

ゾラデックスの名前の由来
ゾラデックスの強力な作用の原因であるAzaglycine amide(アザグリシンアミド基)からZOLAをとり、器用さをあらわすDEX(dexterity:器用さ)をとって、これらを組み合わせ、ゾラデックスと命名したそうです。DEXは、ゾラデックスを開発したアストラゼネカ社の薬でよく用いられています。

スポンサードリンク

ゾラデックス(酢酸ゴセレリン)の構造式ゾラデックス(酢酸ゴセレリン)の構造式



お薬の名前の由来TOP「ソ」ではじまる薬>ゾラデックス

       




プライバシーポリシー