×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゾフラン

ゾフラン(グラクソ・スミスクライン、主成分塩酸オンダンセトロン)は、抗がん剤の副作用である吐き気を抑えるための薬です。抗がん剤は、腸の神経や脳の吐き気をコントロールする部分にある、セロトニン受容体というタンパク質の働きを活性化することで、吐き気を起こします。ゾフランは、このセロトニン受容体の働きを抑えることで、抗がん剤による吐き気を抑えます。

ゾフランの名前の由来
ゾフランの主成分であるオンダンセトロンが発見された当時、精神病(Schizophrenia)に対する作用が示唆されたことから、下線部の発音をとって ゾフランZofran と命名されたそうです。

スポンサードリンク

ゾフラン(塩酸オンダンセトロン)の構造式
ゾフラン(塩酸オンダンセトロン)の構造式



お薬の名前の由来TOP「ソ」ではじまる薬>ゾフラン

       




プライバシーポリシー