×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ソルミラン

ソルミラン(帝人ファーマ、主成分イコサペント酸エチル)は、動脈硬化症により血管が詰まって起こる末梢の潰瘍や痛み、冷え性の治療、また動脈硬化症の原因とされる高脂血症の治療に用いられる薬です。ソルミランは、動脈硬化によって狭くなった血管で血液が固まらなくする作用(抗血小板作用)や、血管を広げる作用、血中の脂質を低下させる作用などのメカニズムで、治療効果を発揮します。ソルミランは、エパデール(持田製薬)のジェネリック医薬品です。

ソルミランの名前の由来
ソルミランのソルは「Solar(太陽の)」、ミランはMiracle(奇跡) を意味しており、これらを組み合わせてソルミランと命名されたそうです。

スポンサードリンク

ソルミラン(イコサペント酸エチル)の構造式

ソルミラン(イコサペント酸エチル)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ソ」ではじまる薬>ソルミラン

       




プライバシーポリシー