×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

チラーヂン

チラーヂン(あすか製薬、主成分レボチロキシンナトリウム)は、甲状腺の働きを助ける薬です。甲状腺は、体の代謝や成長に関わるホルモンを分泌する臓器です。赤ちゃんの中には、生まれつき甲状腺の働きが低下している子がいます。甲状腺の働きが低下すると、さまざまな全身症状をおこし、成長、発達に影響がでることがあります。チラーヂンは、甲状腺から出るホルモンと同じ働きをすることで、甲状腺の機能を助けます。

チラーヂンの名前の由来
チラーヂンは、甲状腺の働きを助けるので、英語でのThyroid(甲状腺)にちなんで、チラーヂンTHYRADINと命名されたそうです。

スポンサードリンク

チラーヂン(レボチロキシンナトリウム)の構造式




お薬の名前の由来TOP「チ」ではじまる薬>チラーヂン

       




プライバシーポリシー