×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

テノーミン

テノーミン(アストラゼネカ、主成分アテノロール )は、高血圧や、狭心症などの治療に使われる薬です。テノーミンは、心臓のβアドレナリン受容体というタンパク質の働きを抑制して、心臓の負荷を軽くして、血圧を下げたり、狭心症で傷んでいる心臓の働きを保護したりします。

テノーミンの名前の由来
テノーミンは、高血圧を正常に戻す作用があるので、Ten :高血圧Hypertension normin :正常なnormalを組み合わせて、テノーミンと命名したそうです。

スポンサードリンク

テノーミン(アテノロール)の構造式
テノーミン(アテノロール)の構造式




お薬の名前の由来TOP「テ」ではじまる薬>テノーミン

       




プライバシーポリシー