×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハルナール

ハルナール(アステラス製薬、主成分塩酸タムスロシン)は、前立腺肥大症の治療に用いられる薬です。前立腺とは、男性のみにある臓器で、膀胱からのびる尿道は、前立腺の中をくぐり抜けています。前立腺肥大症では、前立腺の筋肉が大きくなり、尿道を締め付けるので、おしっこの出が悪くなります。ハルナールは、前立腺の筋肉にある?1アドレナリン受容体というタンパク質の働きを抑制することで、前立腺の筋肉をゆるめ、おしっこが出やすくします。

ハルナールの名前の由来
ハルナールは、おしっこの出をよくする薬なので、「ハルン(ドイツ語で尿)がよく出るようになる薬剤」、「尿の出方が青春(ハル)時代のようになる薬剤」、という意味をこめてハルナールと命名したそうです。

スポンサードリンク

ハルナール(塩酸タムスロシン)の構造式
ハルナール(塩酸タムスロシン)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ハ」ではじまる薬>ハルナール

       




プライバシーポリシー