×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パーセリン

パーセリン(日本オルガノン、主成分アリルエストレノール)は、前立腺肥大症の治療薬です。前立腺とは、男性にある臓器で、膀胱から出た尿道は、前立腺の中をくぐり抜けています。前立腺肥大症では、前立腺が大きくなって尿道を狭くするので、おしっこの出が悪くなります。前立腺が肥大するのは、男性ホルモンの作用と考えられています。パーセリンは、男性ホルモンの働きを抑制することで、前立腺を小さくして、おしっこの出をよくする薬です。

パーセリンの名前の由来
パーセリンが老人に多い前立腺肥大症の治療薬であることから、P=Prostate:「前立腺」の頭文字 per=hypertrophy:肥大 selin=senile:老人(性)の、老齢のために起こる、の単語を組み合わせることで、パーセリンPerselin、と命名したそうです。

スポンサードリンク

パーセリン(アリルエストレノール)の構造式
パーセリン(アリルエストレノール)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ハ」ではじまる薬>パーセリン

       




プライバシーポリシー