×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パリエット

パリエット(エーザイ、主成分ラベプラゾールナトリウム)は、胃潰瘍の治療に用いられる薬です。パリエットは、胃液を分泌するために必要なタンパク質、プロトンポンプ(H+、K+ ATPase)の働きを抑えることで、胃液の分泌を抑制し、胃潰瘍の悪化を防ぐ薬です。

パリエットの名前の由来
パリエットの標的細胞である、胃の壁細胞の英名「Parietal Cell」の一部をとって、パリエットと命名したそうです。

スポンサードリンク

パリエット(ラベプラゾールナトリウム)の構造式
パリエット(ラベプラゾールナトリウム)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ハ」ではじまる薬>パリエット

       




プライバシーポリシー