×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハイパジール

ハイパジール(興和、主成分ニプラジロール)は、高血圧や狭心症の治療に用いられる薬です。ハイパジールは、心臓の?アドレナリン受容体の働きを弱めることで、心臓の働きを低くし、血圧を下げたり、心臓を保護したりします。また、ハイパジールには血管を広げる働きをもつ一酸化窒素を放出する作用があり、これも血圧を下げたり、心臓を保護するメカニズムの一つです。

ハイパジールの名前の由来
ハイパジールは高血圧症に対して血管拡張作用を併せもつ?受容体遮断薬であるという意味をこめて、Hypertension(高血圧) dilatation(拡張)の二つの言葉を結びつけ、ハイパジールHYPADIL と命名されたそうです。

スポンサードリンク

ハイパジール(ニプラジロール)の構造式
ハイパジール(ニプラジロール)の構造式



お薬の名前の由来TOP「ハ」ではじまる薬>ハイパジール

       




プライバシーポリシー