×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

バル

バル(第一三共、主成分ジメルカプロール)は、ヒ素・水銀・鉛・銅・金・ビスマス・クロム・アンチモンの中毒に用いられる解毒剤です。これらの金属は、体内のタンパク質と結合することで毒性を示すのですが、バルは、これらの金属と強く結合する性質があるので、タンパク質に結合した金属を取り除き、中毒症状を治療することができます。

バルの名前の由来
バルの有効成分はBAL(British anti-lewisite;イギリスの毒ガス解毒剤(lewisiteは毒ガス))の略称で知られていることから、これをそのままバルという商品名にしたそうです。

スポンサードリンク

バル(ジメルカプロール)の構造式
バル(ジメルカプロール)の構造式



お薬の名前の由来TOP「ハ」ではじまる薬>バル

       




プライバシーポリシー