×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

バップフォー

バップフォー(UCB、主成分塩酸プロピベリン)は、頻尿(おしっこの回数が多くなること)の治療薬です。頻尿の時には、膀胱の神経が過敏になり、膀胱の筋肉が収縮しやすくなるために、少しの尿で尿意を感じます。バップフォーは、膀胱の筋肉の収縮を抑えることにより、頻尿の症状を抑えます。

バップフォーの名前の由来
バップフォーは膀胱に働く頻尿治療薬であることから、Bladder(膀胱)、Urine(尿)、Pollakisuria(頻尿)のそれぞれの頭文字をとり(BUP)、また、バップフォーは開発時の治験番号がP-4 (治験番号P-4 の4 は、4 番目の誘導体として合成されたため)であったことから4をとり、これらを組み合わせることでバップフォーと命名されたそうです。

スポンサードリンク

バップフォー(塩酸プロピベリン)の構造式
バップフォー(塩酸プロピベリン)の構造式



お薬の名前の由来TOP「ハ」ではじまる薬>バップフォー

       




プライバシーポリシー