×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

バクトラミン

バクトラミン(中外製薬、主成分トリメトプリム、スルファメトキサゾール)は、細菌感染によって起こる肺炎、膀胱炎、腸チフスなどの病気を治療するために使われる薬です。バクトラミンは、細菌が生きるために必要な葉酸と呼ばれる物質の合成をとめたり、葉酸の働きを抑えたりすることで、細菌の増殖を抑えます。

バクトラミンの名前の由来
バクトラミンは細菌に対して抗菌作用を持つことから、Bacteria(バクテリア=微生物)に作用する薬剤という意味をこめて、バクトラミンと命名されたそうです。

スポンサードリンク

バクトラミン(トリメトプリム)の構造式

バクトラミン(スルファメトキサゾール)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ハ」ではじまる薬>バクトラミン

       




プライバシーポリシー