×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パラベール

パラベール(大塚製薬、主成分硝酸エコナゾール)は、皮膚に感染する真菌という微生物によりおこる病気の治療薬です。パラベールは、真菌の表面を覆う細胞膜の機能を止めることで、真菌への物質の出入りを邪魔したり、タンパク質の合成をさせなくさせることで、殺菌作用を示します。

パラベールの名前の由来
パラベールは、皮膚に寄生した真菌を取り除く薬なので、Parasite(寄生虫)よVale(さようなら)という意味をこめて、パラベールと命名されたそうです。

スポンサードリンク

パラベール(硝酸エコナゾール)の構造式
パラベール(硝酸エコナゾール)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ハ」ではじまる薬>パラベール

       




プライバシーポリシー