×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヒルナミン

ヒルナミン(塩野義製薬、主成分マレイン酸レボメプロマジン)は、統合失調症などでおこる、不安や緊張症状を鎮めるための薬です。ヒルナミンは、脳内の様々な神経伝達物質(ドパミン、ノルエピネフリン、セロトニン、など)の働きを抑えることで、神経の興奮を抑えます。

ヒルナミンの名前の由来
ドイツ語のHirn(脳)からヒル、ヒルナミンの構造中に含まれるアミンamine、をとり、ヒルナミンと命名したそうです。また、Hirnには、Hibernate(冬眠させる)という意味もあり、神経活動を鎮めるアミンということも表しているそうです。

スポンサードリンク


ヒルナミン(マレイン酸レボメプロマジン)の構造式
ヒルナミン(マレイン酸レボメプロマジン)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ヒ」ではじまる薬>ヒルナミン

       




プライバシーポリシー