×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ピシバニール

ピシバニール(中外製薬、主成分溶血性レンサ球菌を凍結乾燥したもの)は、胃がん、原発性肺がんの化学療法と併用して使われる薬です。ピシバニールは、体内の免疫細胞からいろいろなサイトカイン(免疫系の細胞を活性化する物質)を放出させて、免疫系の働きを高めることで、がん細胞の増殖を抑えます。

ピシバニールの名前の由来
ピシバニールが開発されるときにつけられていた開発略号がPC-B-45 だったことから、ピ(P)シ(C)バ(B)ニール→ピシバニール、と命名されたそうです。

スポンサードリンク




お薬の名前の由来TOP「ヒ」ではじまる薬>ピシバニール

       




プライバシーポリシー