×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ビクシリン

ビクシリン(明治製菓、主成分アンピシリン)は、肺炎の治療に用いられる抗生物質です。ビクシリンは、古くから使われているペニシリン系の抗生物質です。ビクシリンは、細菌の表面をおおう細胞壁の合成を止めて、細胞を破裂させ、抗菌作用を示します。

ビクシリンの名前の由来
ビクシリンはペニシリン系の抗生物質なので、Victory と Penicillin(勝利するペニシリン)の下線部を結びつけて、ビクシリンと命名したそうです。

スポンサードリンク

ビクシリン(アンピシリン)の構造式
ビクシリン(アンピシリン)の構造式



お薬の名前の由来TOP「ヒ」ではじまる薬>ビクシリン

       




プライバシーポリシー