×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ビセラルジン

ビセラルジン(日本臓器製薬、主成分ヨウ化チエモニウム)は、胃炎や大腸炎、胆嚢の病気などでおこる臓器の痙攣による痛みを取るための薬です。また、ビセラルジンは、内視鏡検査やX線検査のとき内臓の運動を抑制するために投与されることがあります。ビセラルジンは、胃や腸の筋肉の収縮をコントロールするアセチルコリンやヒスタミン、セロトニンなどの様々な物質の働きを弱めることで、痙攣を抑えます。

ビセラルジンの名前の由来
ビセラルジンは内臓の痙攣による痛み、つまり内臓痛の治療薬であることから、内臓痛(Visceralgia)という単語にちなんでビセラルジンと命名されたそうです。

スポンサードリンク


ビセラルジン(ヨウ化チエモニウム)の構造式
ビセラルジン(ヨウ化チエモニウム)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ヒ」ではじまる薬>ビセラルジン

       




プライバシーポリシー