×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホーネル

ホーネル(大正富山医薬品、主成分ファレカルシトリオール)は、腎不全のため人工透析をうけている患者さんにおこる、骨の異常を治療するための薬です。腎不全の患者さんでは、体内のカルシウム量をコントロールするビタミンDの腎臓での活性化が起こりにくくなっています、そのため、血液中のカルシウムが骨に吸収されにくくなって、骨が弱くなったり、痛くなったりします。ホーネルは、ビタミンD3の活性化体として働き、小腸からのカルシウムの吸収を高めたり、骨へのカルシウム吸収を高めることで、骨を強くします。

ホーネルの名前の由来
ホーネルは、骨やカルシウムのコントロールに関係する薬剤であることから、ホーネルと命名されたそうです。

スポンサードリンク


ホーネル(ファレカルシトリオール)の構造式
ホーネル(ファレカルシトリオール)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ホ」ではじまる薬>ホーネル

       




プライバシーポリシー