×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メバロチン

メバロチン(第一三共、主成分プラバスタチンナトリウム)は、血液中のコレステロールの量を低下させる高脂血症薬です。メバロチンは、コレステロール合成に関与する酵素、HMG-CoA還元酵素の働きを阻害することで、コレステロール合成を低下させ、血液中のコレステロール量を低下させます。

メバロチンの名前の由来
メバロチンは、コレステロールの原料であるメバロン酸の合成に関わるHMG-CoA還元酵素を阻害する作用メカニズムを持つことから、「メバロン酸」と「主成分名プラバスタチンナトリウム」を組み合わせ、メバロチンと命名した。

スポンサードリンク


メバロチン(プラバスタチンナトリウム)の構造式
メバロチン(プラバスタチンナトリウム)の構造式




お薬の名前の由来TOP「メ」ではじまる薬>メバロチン

       




プライバシーポリシー