×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メネシット

メネシット(萬有製薬、主成分レボドパ、カルビドパ)は、パーキンソン病の治療薬です。パーキンソン病では、脳内のドパミンと呼ばれるを作り出す神経が壊されます。ドパミンは体の運動をコントロールしているので、パーキンソン病の患者さんには、運動障害が起こります。メネシットは、ドパミンの材料であるレボトパを脳内に送り込み、ドパミンの量を回復させるための薬です。メネシットに含まれるカルビドパは、体内でレボドパが分解されるのを防ぐ働きがあります。

メネシットの名前の由来
メネシットの海外での商品名SINEMETの綴りを入れ替えてMenesitメネシットと命名したそうです。

スポンサードリンク


メネシット(レボドパ)の構造式

メネシット(レボドパ)の構造式
メネシット(カルビドパ)の構造式
メネシット(カルビドパ)の構造式



お薬の名前の由来TOP「メ」ではじまる薬>メネシット

       




プライバシーポリシー