×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

リポバス

リポバス(萬有製薬、主成分シンバスタチン)は、血液中のコレステロール量を減らすための薬です。リポバスは、スタチンと呼ばれる種類のコレステロール低下薬のひとつです。リポバスは、コレステロールの合成に関与する酵素、HMG-CoA還元酵素の働きを抑えることにより、コレステロールの産生量をへらして、血液中のコレステロール値を下げます。

リポバスの名前の由来
リポバスによって、リポ蛋白(コレステロールを運ぶ悪玉タンパク質)の異常を改善するとともに血管病変 (コレステロールによって起こる動脈硬化) を改善することが期待されることから、lipoprotein (リポ蛋白) のLIPO とvascular (血管)のVASをあわせて、リポバスLIPOVAS と命名されたそうです。

スポンサードリンク

リポバス(シンバスタチン)の構造式
リポバス(シンバスタチン)の構造式



お薬の名前の由来TOP「リ」ではじまる薬>リポバス

       




プライバシーポリシー