×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

リスモダン

リスモダン(中外製薬、サノフィアベンティス、主成分リン酸ジソピラミド)は、頻脈性不整脈という、心臓の拍動リズムの異常を治療するための薬です。頻脈性不整脈とは、心臓の拍動リズムが何らかの原因で病的に早くなった状態のことです。リスモダンは、心臓の筋肉を伝わる電気信号(活動電位)の速度を減少させることで、心臓のリズムを正常に戻します。

リスモダンの名前の由来
リスモダンは、心臓のリズムを調節する作用を持つ薬であることから、心臓の律動(リズム:rhythm)を調節する(モデュレート:modulate)という意味をこめて、リスモダンrythmodan と命名されたそうです。

スポンサードリンク

リスモダン(リン酸ジソピラミド)の構造式
リスモダン(リン酸ジソピラミド)の構造式



お薬の名前の由来TOP「リ」ではじまる薬>リスモダン

       




プライバシーポリシー