×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ビーソフテン

ビーソフテン(テイコクメディックス、主成分ヘパリン類似物質)は、皮膚の外傷や筋肉痛、関節炎、血液が固まることで起こる血行障害などを治療するための薬です。ビーソフテンは、炎症を抑える作用や血液が固まるのを防ぐ作用を持っています。

ビーソフテンの名前の由来
ビーソフテンは、皮膚に塗るタイプの薬剤なので、「Be soft」 、つまり限りなく皮膚にソフトで優しいという意味を込めて、ビーソフテンと命名したそうです。

スポンサードリンク




お薬の名前の由来TOP「ヒ」ではじまる薬>ビーソフテン

       




プライバシーポリシー