×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヒスタグロビン

ヒスタグロビン(日本臓器製薬、主成分人免疫グロブリン、ヒスタミン二塩酸塩)は、アレルギー性鼻炎・アトピー性皮膚炎・蕁麻疹、などのアレルギー疾患や、気管支喘息の治療に用いられる注射薬です。ヒスタグロビンの中の免疫グロブリンという成分が、アレルギー症状の原因となるヒスタミンに対する抵抗力を高め、ヒスタミンによって起こるアレルギー反応を鎮めます。そして、少量のヒスタミンを隠し味のように加えることで、逆にヒスタミンによるアレルギー反応への生体内の防御力を高めることが出来ます。


ヒスタグロビンの名前の由来
ヒスタグロビンの主成分である「ヒスタミン」と「免疫グロブ」との下線部をつなげることで、ヒスタグロビンと命名されたそうです。

スポンサードリンク





お薬の名前の由来TOP「ヒ」ではじまる薬>ヒスタグロビン




プライバシーポリシー