×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヒデルギン

ヒデルギン(ノバルティス、主成分メシル酸ジヒドロエルゴトキシンなど)は、脳梗塞の後遺症や高血圧、末梢の血液循環の障害の治療に用いられる薬です。ヒデルギンは、全身の血管の収縮を緩めることで血圧を下げ、血液の流れを良くします。血液の流れをよくすることで、ヒデルギンは脳の働きを改善するのを助けます。

ヒデルギンの名前の由来
ヒデルギンの主成分であるジヒドロエルゴトキシンのスペル(dihydroergotoxine)の下線部をつなげることで、ヒデルギン(Hydergine)と命名されたそうです。

スポンサードリンク

ヒデルギン(ノバルティス、主成分メシル酸ジヒドロエルゴトキシン)の構造式
ヒデルギン(ノバルティス、主成分メシル酸ジヒドロエルゴトキシン)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ヒ」ではじまる薬>ヒデルギン

       




プライバシーポリシー