×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ビスコリン

ビスコリン(第一三共、主成分アスコルビン酸)は、ビタミンCの補給に用いられる薬です。ビスコリンはビタミンCが不足して生じる壊血病などの病気の治療や、ビタミンCの使用量が激増し、食事からのビタミンCの供給量が不足するような場合に用いられます。

ビスコリンの名前の由来
ビスコリンの主成分アスコルビン酸はビタミンCの本体であることから、VitaminC(タミンC)とAscorbic acid(アスコルビ酸)にちなんでビスコリンと命名されたそうです。

スポンサードリンク

ビスコリン(アスコルビン酸)の構造式
ビスコリン(アスコルビン酸)の構造式




お薬の名前の由来TOP「ヒ」ではじまる薬>ビスコリン




プライバシーポリシー